カプサイシン配合の育毛剤「フィンジア」の育毛効果と口コミ

育毛剤って、たくさん種類があって何が良いのか迷ってしまいます。

 

とはいえ、髪の毛は日々抜けていくから、焦ってしまう。

 

メーカサイトを見ても、良いことしか掲載していない。
育毛剤ランキングサイトを見ても、なぜこれが1位なのか?と疑問点あり。
育毛剤の口コミサイトを見ても、自作自演じゃないの?と疑ってしまう。

 

私が育毛剤を購入する時、こんな感じで数日間悩んでいました。

 

最後は、自分で育毛剤の効果や通販サイトの口コミなどを調べて、フィンジアを購入しましたが、そこまでに調べた事とフィンジアが良かった点について、まとめてみました。

 

育毛剤選びで迷ったら、参考にしてくださいね!

 

 

フィンジアの口コミはここでチェックしました

育毛剤に限らず、商品を購入するときに参考にするのが、購入者の口コミです。

 

ただ、口コミは商品を紹介しているサイトよりも、通販サイトの口コミの方が信ぴょう性が高いので、私はいつも利用しています。
通販サイトの口コミは、たまになりすましがあるかもしれませんが、ほとんどの投稿は、利害関係のない実際に購入した方の感想です。

 

では、実際にフィンジア育毛剤の口コミはどのようなものがあるのか、紹介します。

 

・良い口コミ

@使い始めてやや復活した気がして、一時別の商品にしたらまた薄くなり、そこでまた使い始めたら復活したので、私には効いている気がします。
A継続しての使用で髪にはりとこしがでてきました。
B義理の弟が昨年の夏から使い始めて、頭頂部に少しボリュームが出ています。散髪をせずに、伸ばしながらだとより効果的だそうです。これだけの成分が配合されているので、期待値は大きいかと思います。
C使用して3ヶ月目に入りましたが効果は多少なりあるように感じてます。何より髪のセットの際、ベタつきゴワつきが無いのはgoodです。
amazon

 

・悪い口コミ

@ミノキシジルと併用していましたが、ミノキシジルをやめて、こちらだけにしたら効果がなくなりました。
A使いましたが、全く効果がありませんでした。
Bすぐになくなりました。
C1本使い終わったのですが気になっていた薄毛の部分には何の変化も無しです。
amazon

 

口コミから見えてくるフィンジアの効果

口コミをチェックする場合は、楽天などメジャーなネットショッピングサイトが一番信用性が高いので、私はいつも参考にしています。
今回、楽天・Amazon・ヤフーショッピングの口コミをチェックしましたが、Amazonが一番投稿数が多かったので参考にしました。

 

  • amazonの評価は、2.8
  • 楽天の評価:3.3
  • ヤフーショッピングの評価:3.4

 

3サイトの口コミを見るとそれほど効果が期待できる評価となっていません。
ですが、低評価を付けている方のほとんどは、使用期間が1ヵ月と短い期間で判断していました。

 

効果が出るのは、口コミを参考にすると3ヵ月当たりかもしれませんね。
悪い口コミの中では、1回の使用で5プッシュ使って、偏頭痛や目まいがあったという口コミもあったので、付け過ぎには気を付けた方が良さそうです。

 

フィンジアはどんな育毛剤、効果はどうなのか?

フィンジアの特徴と言えば、内容成分「キャピキシル」と「ピディオキシジル」です。

 

キャピキシルの成分の一部であるアカツメクサというのは、ヨーロッパでは過去から伝承薬とし伝承されてきた経緯がある天然のハーブになります。

 

アカツメクサに含まれているビオカニンAはイソフラボンの一種であり、DHTの生成に関係している5αリダクターゼの酵素活性を阻害すると言われています。

 

このように、キャピキシルは男性型脱毛症が悪化するメカニズムを解消する事によって、トラブルを改善するといった内容です。

 

だからこそ、男性型脱毛症の原因物質の生成もコントロールされる事になり、髪の毛の成長が妨げられる要因が解消されます。

 

正常な髪の成長サイクル これによって、成長サイクルも正常な状態に改善するので、短い状態のもとで抜けてしまっていた髪の毛も長く成長することになります。

 

原因物質の生成が軽減されたから、毛周期が正常化した事による結果です。

 

このようなキャピキシルのメカニズムは、男性型脱毛症の治療薬であるプロペシアと同じです。

 

薄毛を悪化させる原因物質の生成を抑える事により、最終的に髪の毛はスムーズに回復することになります。

 

ですが、キャピキシルはプロペシアとは違い、髪の毛の成長そのものに対してもアプローチすることから、他の脱毛症においても育毛効果があります。

 

このことは、アカツメクサと一緒に原料として採用されている成長因子が関係しています。

 

抜け毛の進行にブレーキをかけるだけに限らず育毛結果も期待出来るので、最も効果が期待できると言われているミノキシジルの3倍有用だとも考えられているのです。

 

加えて、プロペシアの様に副作用が起こるリスクは皆無なので、薄毛を心配している人誰でも活用することが出来るのです。

 

効果が期待できるだけに限らず安全性についても優れている点が、キャピキシルのメリットの特徴です。

 

また、ピディオキシジルは、ミノキシジル構造類似成分と言われ、つまりミノキシジルと同じ発毛促進が期待される効果を持っています。

 

これらの成分を使用しているのが、フィンジア育毛剤です。

 

尚、キャピキシルは、ルーカスマイヤー(Lucas Meyer Cosmetics)が開発した成分です。
ルーカスマイヤー(Lucas Meyer Cosmetics)はこちら

 

そこでの、研究結果においては、

  • 毛包幹細胞(HFSC)活性を維持する
  • 5-αレダクターゼ活性阻害を介してDHTを調節する
  • ECMの更新とタンパク質合成のアンカリングを刺激する
  • 炎症促進性サイトカインを減少させる

効果が確認されています。
キャピキシルの成分カタログはこちら

 

また、キャピキシルは、世界最大の化粧品展「インコスメティックス」で銅賞も受賞している優れた成分になります。

 

フィンジアは化粧品だから育毛剤じゃないと口コミがあるけど

フィンジアは多くの育毛剤が分類される医薬部外品ではなく、化粧品になります。

 

このことについて、育毛剤を紹介している様々なサイトでは、「育毛剤とは言えない」といったコメントを目にしますが、これは効果が認められている医薬部外品の成分を使っているか?効果のある化粧品性成分を使っているかの違いです。

 

女性の美肌用化粧水についても、効果が認められた成分を使った優れているものがありますが、医薬部外品ではなく分類は「化粧品」です。

 

なので、「医薬部外品」はあくまでも一つの判断材料であって、「化粧品」が劣るわけではありません。

 

現にフィンジアの育毛効果については、FRAGRANCE JOURNAL(香粧品(化粧品・ 医薬部外品・トイレタリー)のための研究開発の技術専門誌)において、効果と副作用に関する臨床試験による評価が掲載され、効果を確認しています。

 

(臨床試験は、大学病院医療情報ネットワークに登録、医療法人社団讃友会あべクリニック治験審査委員会の承認の元、実施されています。)
大学病院医療情報ネットワークはこちら。

 

医療法人社団讃友会あべクリニックはこちら

 

フィンジアと同じミノキシジル育毛剤と比較

キャピキシルを使った日本で人気のある育毛剤は〇〇種類発売されています。

 

私がフィンジアを購入するに至るまでに、リサーチした内容をまとめてみました。

 

 

 

 

 

フィンジア育毛剤は本当に副作用は大丈夫なのか?

育毛剤について、身体に何かしらの変化を与える成分を使っている限り、絶対に副作用がないとは言い切れません。

 

ですが、化粧品の場合は、医薬部外品よりも身体への作用が緩和であることが条件になっています。
なので、医薬部外品よりは副作用が表れにくくなっています。

 

医薬品・医薬部外品・化粧品の違いについては、こちらを参考に
花王サイト:「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」にはどんな違いがあるの?

 

これまでの育毛剤が頭皮に合わなかったらキャピキシルは利用できるかもしれません。

 

ただ、キャピキシルは植物由来の天然成分から生成されているので、植物アレルギーを持っている場合は、まず他の部位でパッチテストなどしてから、頭皮に使った方が良さそうです。

 

 

カプサイシン配合の育毛剤「フィンジア」の効果は凄いと口コミでも話題になっています。

 

キャピキシルが配合されていて、更にカプサイシンも配合されているのが画期的です。

 

フィンジア育毛剤にはキャピキシルとカプサイシンが配合

 

口コミでも話題になっている育毛剤が「フィンジア」です。

 

この育毛剤の凄いところは、キャピキシルは5%入っていて、更にそれ以外の成分が他にはない商品となっています。

 

まず、「ピディオキシジル」が2%入っていて、ミノキシジル誘導体と呼ばれている最近開発された成分で、キャピキシルの効果を上げてくれます。

 

ボストンスカルプエッセンスに配合されたことで、口コミでも認知されています。

 

また、更に「カプサイシン」が配合されています。

 

これが、一番画期的だと口コミでも高い評価を得ています。

 

「カプサイシン」といえば、唐辛子が代表ですが、これを食べると全身の毛穴が開いて汗が吹きだします。

 

その状態を、頭皮にも作れることになります。

 

頭皮に塗ると毛穴が通常よりも広がり、有効成分であるキャピキシルとピディオキシジルが浸透しやすくなります。

 

育毛剤は、頭皮の毛穴から奥にまで浸透しないと効果が発揮されません。

 

カプサイシンの辛み成分で毛穴を広げることで、有効成分を浸透させることが可能です。

 

これが、口コミでも話題となって、育毛剤の中でも効果があると評判になっています。

 

有効成分だけでなく、それを浸透させやすい状態にする成分も含まれているのがフィンジアです。

 

フィンジアには成長成分が10種類配合副作用の心配もない

 

フィンジアには、他にも成長成分が10種類配合されています。

 

育毛効果の高いものには、「プロペシア」や「ミノキシジル」などがありますが、副作用があります。

 

しかし、この育毛剤には副作用の心配もなく刺激がありません。

 

肌が弱い人でも安心して使用が可能です。

 

成分を見極めてから自分に合った育毛剤を使うことが、効果を発揮できます。

 

とくに、キャピキシルが入っているかが重要なポイントになります。

 

よく大手通販やドラッグストアなどで売られていて、大量生産されている育毛剤は、配合されていても含まれている量が少なくて効果が期待出来ません。

 

価格は安いですが、効果が出ないなら意味がありません。

 

キャピキシル配合の育毛剤は安くはないですが、それに配慮して割引きになる定期コースなどが用意されています。

 

また、全額返金保証付きとなっています。

 

返金保証があるなら、万一肌に合わなかった場合でも安心して申し込みが出来ます。

 

育毛剤は、直ぐに効果が出るものではなく、半年から一年は使わないと効果は実感出来ません。

 

一ヶ月や二カ月で効果が出ないと止めてしまうと、折角じわりと効果が浸透しはじめても、また元に戻ってしまいます。

 

また、長期間続けるものですから、経済的にも負担が少なくて効果が実感できるものでないといけませんが、フィンジア育毛剤は、キャピキシル配合されていて他にも有効成分が入っていても、価格は安値となっています。

 

キャピキシル配合されている育毛剤は、価格が高いものが多いですが、フィンジアは価格もお手頃で、更にカプサイシンも配合されていて浸透率も上がっているのでかなりおすすめです。